教習所 > 運転免許の基礎知識 > ソボクな疑問を解決&解説 > 普通免許を取得するぞ

普通免許を取得するぞ!

普通免許を取得するぞ

質問 「この4月からサークルに入った! カッコイイ先輩や新しい友達、新入生もいっぱいだ♪ 週末はみんなでドライブ…って、免許持ってないの僕だけ!? よーし、夏の旅行までには免許を取るぞ~!」

回答 「進学や進級が一段落して、学生さんの休みと重なる7~9月が教習所の混み合うシーズンになります。混み合う時期は料金が高くなる上、予約も取りにくくなるので、できればなるべく早く教習所に入校するのがオススメ。4・5月頃から教習を始めれば、夏までには取得できる可能性は充分。免許を取って、夏を楽しんでくださいね!」


普通免許で運転できる車種って何?

普通自動車には「マニュアル車(MT)」と「オートマ車(AT)」の2種類があります。
ミッション(変速機・ギア)を手動で動かす必要のあるのがMT車、走りに合わせて自動で変速してくれるのがAT車です。

ギアチェンジの手間がかからない“AT限定免許”なら、MT免許よりも教習時間が短くて済み、比較的簡単に取得できる傾向にあるようです。
(※もちろん個人差があります)

最近では、市場に出回っている普通自動車の約95%がAT車だというデータもあり、免許を取るなら“AT限定免許”で充分かもしれません。
ですが、大型自動車になるとまだまだMT車が多いのが現状。
「普通車の免許を取った後、いつかは大型免許を取るぞ!」と計画している人は、MT車免許を取っておくといいかもしれません。

他に、普通免許で運転できるのは以下のクルマです。

原動機付自転車
小型特殊自動車
車両総重量5トン未満の自動車
※道交法一部改正により、平成19年6月2日以降に取得された普通免許から適用。
これ以前に取得された普通免許は【8トン限定中型免許】と見なされ、車両総重量8トン未満の自動車まで運転が可能です。

▲TOPへ

普通免許の取得条件&費用

普通免許の取得条件としては、「18歳以上であること」だけです。

教習所によっては17歳のうちから入校を許可しているところもありますが、 それでも仮免許を取得(第一段階を修了後)する時点で18歳になっていることが条件です。
「できるだけ早く免許が取りたいから、早く入校したい!」という人は、教習所に直接問い合わせてみてくださいね。

さて、気になる取得費用です。

各教習所や教習プランによっても料金は異なりますが、
MT車の場合合宿免許で22.5万~25万円の価格帯が一番多く、次いで25万~27.5万円の価格帯が多くなっています。

AT車の料金も25万円まで(合宿の場合)のプランが一般的だということには変わりないのですが、
教習時間が短い分、MT車と比べて1~2万円ほど安く取得できるプランが多いようです。

「免許取る前にバイトしなきゃ!」
「運転がヘタで追加料金がかかっちゃったらどうしよう…」
「お金はお父さんが出してくれるから、ホテルプランに申し込もうかな」

などなど、免許の料金に対しても事情は人それぞれ。
できるだけ安く免許を取りたいなら、合宿で取得するプランがおすすめです。

「仕事もあるし、合宿はできないけど安く取りたい」という人は、できるだけ混み合う時期を避けることが鉄則です!

夏休み・冬休みの時期はどうしても学生さんでいっぱいになってしまって、教習者の予約を取ることすらままならない状況。
しかも教習所のオンシーズン(7~9月、2~3月ごろ)は料金も高めに設定されているんです。

オンシーズンを避けて、安く・かしこく利用してくださいね。

▲TOPへ



おすすめページ




関連ページ

▲TOPへ


Copyright © DSENET